携帯端末は、年々進歩

ケータイの画面は年々進歩してきています。携帯の出始めの頃の液晶画面は自分がプッシュした番号や記録した相手先の番号を表示するのが主な目的で画面の表示機能は白黒で充分なものでした。

しかしその後、携帯電話は電話端末から情報端末へと大きく進化し、それに合わせて画面の性能も大きく変化をとげてきました。

その顕著な例が、カラー液晶でおなじみのシャープが販売したアクオスケータイです。



アクオスといえば、シャープの液晶テレビのブランド名であるが、これがついに競争が激化する携帯端末市場の切り札としてシャープの携帯端末の画面に採用されています。

液晶の表示部分は元々自分が発信した番号や短縮番号の内容など文字情報を表示するものであったが、カメラ機能付き携帯電話が発売されることによって、画像を表示するものとなった。

しかし、現在は動画を表示するものとなり、アクオスケータイはユーザから高い支持を得ています。



「ケータイ Watch」サイトが毎年行う国内で発売された携帯電話・PHSの中から、読者の皆様のご投票でNO.1のケータイを決定する「読者が選ぶ ケータイ of the Year 2006」において、1位と5位を獲得した機種がシャープ製のアクオスケータイ905SHと911SHでした。

現在、多くのメーカより多数の携帯電話が発売されており、ベスト5内に同じコンセプトのアクオスケータイが入っていることで人気の高さがうかがわれます。



ケータイの機能は、年々進歩してきており、携帯端末が出始めた頃は、自分がプッシュした番号や短縮に記録した番号を表示だけでよかった画面表示機能は、現在では動画表示はあたりまえになってきています。

シャープが販売しているアクオスケータイは液晶画面が美しくユーザより高い評価を得ています。



携帯端末は、年々進歩してきており近年は、電話機というよりカメラ、ミュージックプレーヤやテレビの機能まで持つようになってきました。

特に、カラー液晶画面の進歩には目をみはるものがあり、ついには家庭液晶テレビの技術が組み込まれたアクオスケータイまでもが登場するようになりました。

携帯電話関連機器紹介

ほとんどの携帯端末の受信・発信規制でき完璧な携帯ジャマーFOMA完全対応

* 規制効果大幅アップ メーカーのテストでは、これ一台で大会議室や電車一両がシャットアウト。

* 連続ONスイッチスイッチをONポジションにすれば赤いLEDが点灯。連続で規制をかける事が出来ます。

* 各種乾電池に対応アルカリ、Ni-Cd、Ni-MH、各種乾電池が使用可能です。 電池寿命を考慮して単3乾電池を採用しました。






W52K mediaskin au携帯電話機種変更au 携帯電話 W52K mediaskin 機種変更








【送料無料】携帯電話 PHS用骨伝導 ハンズフリー騒音の中でもクリアーな会話が可能

完全ハンズフリー両手自由通信。(携帯電話本体で着信スイッチを押してください。)耳をふさがずに受信ができる。骨伝スピーカーですから両耳が完全オープン。

人にやさしい骨伝導スピーカーは鼓膜を通さずに直接聴覚器間に音を伝えるので軽度難聴の方にもご利用いただけます。

携帯電話機からの電磁波が脳へ悪影響を与える可能性について、さまざまにいわれておりますが、アンテナを頭部より遠くに離せる安全信話1号は電磁波の悪影響はありません。







携帯電話式通報装置(RF-16)

痴漢やストーカー、お年寄りや病人の方の異常、現金輸送のガードマンの方など幅広い方に
お使いいただけます。






腕時計のボタンを押すと携帯電話自動発信 携帯電話式通報装置

・携帯電話で緊急通報

・相手に気づかれずに通報可能

・時計型リモコン送信機を押すだけの簡単操作






補助電池:大容量のモバイル・バッテリーパック

ワンセグケータイでTVを見ると電池は2時間程度しか持ちません。

そこで大きく役立つのが「モバイルパワーパック」。この大容量補助電池を使うと、携帯電話機だけでなく、PDA、MP3プレイヤー、デジタルカメラなど様々なモバイル機器の補助電池ならびに充電器として使えます。

これさえあればこれらの機器を使用中に電池が切れて困ることはありません。


アクオスケータイとは

シャープが、モバイル機器向け地上波テレビ放送サービス「ワンセグ」対応の携帯電話機の画面に家庭用液晶テレビで定評のあるアクオスの液晶画面を採用し、アクオスケータイの名を冠した携帯電話機です。

アクオスケータイの第一弾としては、ボーダホン(現SoftBank)向けに905SHが2006年5月に販売しました。

アクオスケータイは、その合理的なワンセグ視聴スタイルで人気が上がり、その後、ライバル携帯会社であるauやドコモにも同名のアクオスケータイが登場しました。



アクオスケータイとは、昨年、新たに始まったモバイル機器向け地上波テレビ放送サービス「ワンセグ」対応の携帯電話機の液晶画面にアクオスの液晶画面を採用し、アクオスケータイの名を冠した携帯電話機でシャープのフラッグシップ携帯端末となっています。


アクオスケータイとは、シャープの家庭用液晶テレビ”アクオス”の液晶技術を携帯端末に利用したもので、昨年、新たに始まったモバイル機器向け地上波テレビ放送サービス「ワンセグ」対応の携帯電話の画面表示部分に採用されています。


シャープが初めて製品を世に出したのは昨年の5月でボーダーホン(現SoftBank)向けに発売した905SHが1号機になります。 その後、他のキャリア(携帯会社)向けにも発売されました。



アクオスケータイとは、シャープのSoftBank向け携帯端末の愛称で液晶テレビ”アクオス”の名を冠した名称で、地上波デジタル放送サービス「ワンセグ」の視聴に適した携帯端末であるとアピールしています。

あまりの人気の高さに他の携帯会社auやドコモにも同名のアクオスケータイが登場しました。


人気を集めているアクオスケータイとは、シャープの人気家庭液晶テレビのアクオスのブランド名であり、またSoftBank向け地上波デジタル放送サービス「ワンセグ」の視聴に適した携帯端末に当初つけられた冠のことでした。

アクオスケータイラインナップ

現在、SoftBankの最新機種は911SH、auはW51SH、ドコモはSH903iと各携帯会社でラインナップはそろえてきていますが、特徴はやはりなんといっても画面の美しさが逸脱しており、他社の追従を許しておりません。


SoftBankは、905SH以降新機種を投入し現在の最新機種は911SHです。auは、詳細の発売日は未定ですが1月下旬以降順次発売される予定になっています。

ドコモでは、SH903iがアクオスの技術を採用した2.8インチワイド液晶携帯ですが、アクオスケータイで共通していえることは画面の美しさがきわだって高いことです。


SoftBankで発売された1号機は905SHですが、シャープの開発者によると初代にもかかわらず完成度が高かったといいます。

それは実績のあるアクオスの液晶の採用もさることながら満を持しての発売でじっくりと作り込むことができたからとの事です。

したがって現行機種の二代目911SHを開発するにあたっては、初代を超えるという高いハードルを超えるという目標を掲げ、みごとにクリアーされています。


シャープが各通信会社向けに販売している携帯端末の最新機種をご紹介します。

SoftBankの最新機種は911SH、auはW51SH、ドコモはSH903iと各携帯会社でラインナップはそろえてきています。

アクオスケータイの特徴はやはりなんといっても画面の美しさが逸脱しており、人気の的になっています。


アクオスケータイは、ワンセグ視聴スタイルに火がつくとともに人気が上がり、ライバル携帯会社であるauやドコモにも同名のアクオスケータイが登場しました。

SoftBankの最新機種は911SH、auはW51SH、ドコモはSH903iとなっています。

携帯電話はエンタテイメントツール

ユーザにとってコミュニケーションツールとしての携帯電話はすでに過去のものとなっており、電話を超えたひとつのエンタテイメントツールとしてのアイテムが携帯が求められております。

アクオスケータイは、それを実現するツールとなるでしょうか今後、目が離せないですね。



携帯電話は、コミュニケーションツールからエンタテイメントツールへと変貌を遂げました。

感性の高いユーザを満足させるためには、画質は大きな比重をしめ、アクオクケータイはまちがいなくその牽引役をしてくれることでしょう。



携帯電話はただ話しをするだけの機械から、動画も扱えるエンターティーメントツールへと進化しました。感度の高いユーザはより高い機能を常に求め、メーカは途絶えることなくその要求に応えてきました。

シャープそしてアクオスケータイはまちがいなく次世代への牽引役をしてくれることにちがいありません。



携帯端末は、話しをするコミュニケーションツールから、動画や音楽を扱うエンターテーメントツールへと変化してきました。

おのずとユーザが携帯端末に求める条件も変化しており、アクオスケータイはまちがいなく次世代のトップリーダーの役割をしていくことでしょう。



アクオスケータイの最新機種は、SoftBankでは911SH、auはW51SH、ドコモはSH903iと各携帯会社ともラインナップはそろってきています。

ワンセグでテレビを見るには画質にもこだわりたいところですね。アクオスケータイは画面の美しさでは他を逸脱しており、人気の的になっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。